スムージーダイエットでオススメしたい材料は第一に旬の野菜や果物です

スムージーダイエットで成功させたいなら、食材の選び方が大切です。

例えば旬の野菜や果物は栄養価が高いでしょう。

代謝が促されるので健康的に痩せることができるはずです。

また日々の食事を考えて自分にとって不足しがちな栄養素が補える材料であることも重要です。

そこで具体的なオススメ食材を紹介しましょう。

旬の食材を選ぶ

スムージーの基本的な材料は、野菜や果物です。

ならば旬の食材を選びましょう。

とはいえ今なら温室があるので周年栽培も可能です。

地域をずらすことで端境期もなくなりました。

輸入品もあります。

そのため季節感がなくなっているのも事実です。

しかし夏野菜の代表はキュウリやトマトです。

冬は白菜やキャベツが旬です。

植物は生き物です。

品種改良が進んではいますが、種特有の生態、生理機能に従った方が、蓄積される栄養素が豊かになります。

人間にとっても有益なはずです。

鉄分補給には小松菜です

健康的なダイエットを考えた場合、女性にオススメなのは鉄分が補給できる小松菜です。

かつて鉄分と言えばホウレンソウでしたが、今の常識は小松菜です。

ホウレンソウの2倍以上含まれています。

小松菜はアブラナ科なので、ホウレンソウにある独特な渋み、シュウ酸が少ないとされています。

そのためあく抜きをしない生の状態でも飲みやすいでしょう。

手間が省けます。

ビタミンCなら赤ピーマンです

あって損のないビタミンはCです。

酸化防止剤としても使われているため、体内で過剰に発生する活性酸素を無力化する働きが期待できます。

レモンを隠し味にするパターンはありそうですが、今注目なのは赤ピーマンです。

黄ピーマンも良いですし、1990年代に日本で開発されたトマピーと呼ばれる野菜もビタミンCが多いと言われます。

同じナス科の唐辛子にもビタミンCはありますが、大量摂取するには向いていません。

キャベツなら整腸作用が期待できます

便秘がちな人にオススメの食材はキャベツです。

もちろん食物繊維も豊富です。

キャベツを毎日定期的に摂取していると、お通じがスムーズになります。

適量は1回につき葉っぱ2枚程度です。

名前の由来にもなっているキャベジンが含まれています。

胃の調子を整えると同時に胃潰瘍の予防、アレルギーを緩和する作用も指摘されています。

仕事や育児でストレスが溜まっている人に適しています。

自分に不足しがちな栄養素を把握しましょう

テレビのバラエティ番組や雑誌でモデルや有名人がスムージーを紹介しています。

そこでオススメの食材を試してみるのもよいでしょう。

とはいえ栄養状態は人ぞれぞれです。

自分に不足しがちな栄養素を把握しておくことがダイエット成功の秘訣かもしれません。